2012/05/30

海外出張持ち物 電気製品

香港では、電源電圧は中国と同じ220V、プラグ形状も日本とは違うので注意が必要です。
プラグ変換機だけでは電源電圧は変わりませんので、トランスまたは電圧変換機が必要です。
ホテルのバスルームの洗面所に115Vの電源(プラグ形状が日本と同じでコンセントに115Vと表記されている場合のみ)が付いている場合もあります。115Vはアメリカでは標準電圧ですので、洗面所だけには付いている場合があるようです。コンセントに115Vと明記されている場合、日本国内向けの電気器具を使って問題になったことはありませんでした。
*愛用の旅行用電気カミソリは、充電式で本体にAC電源に差し込むプラグが着いています。
AC100-240Vの表示があります。ホテルに着いたら洗面所のコンセントに差し込んでおけば翌朝には、髭はそれます。
220Vしかない場合、プラグの形が合えば、ノートパソコンの電源アダプターに Input 100-240V~ 50/60Hzと書いてある場合、そのまま使える可能性が高いです。

コンセントの形が違う場合は電源アダプターにプラグ変換機だけつければ使用できます。
プラグ変換機、ノートパソコン、電源アダプターを持てば、ノートパソコンのUSB端で携帯電話、デジカメの充電が出来ることもあります。充電する力に限界がある場合もありますので、海外に出かける前に必要なものを、全て繋ぎフル充電できるかチェックしておいては如何でしょう。

プラグ変換機→マルチプラグ
海外出張持ち物チェックリスト

このページトップへ

海外出張持ち物、PC電気製品全記事
ノートPC
ノートPC続き
ノートPC2
連絡通信機器
携帯電話
海外WiFiレンタル
インターネット接続
自分撮り
マルチプラグ
電気製品
その他電気機器

最新の記事


0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想・アドバイスをお願い致します。