2010/06/02

米国出張シリコンバレー:飛行機が短くなった

だいぶ以前ですがサンフランシスコ空港に着くと、ユナイテッドの帰国便は2時間遅れです。
待っていると皆がゾロゾロと動き出します、ゲートの変更だけでなく、なんと更に遅れるようです。
変更されたゲートでは何人かが顔を真っ赤にして猛抗議中。太ったカウンターの女性の説明では、シアトルから飛んできて日本に向かう予定の飛行機が大雪のためシアトルを飛び立てないので飛行機を換えるので手間取っているとのこと。
ゲートから離れて、お土産を見たりブラブラしていると案内放送で自分の乗る便の乗客にはカフェテラスで食事が無料になると言ってるような気がしました。自信はなかったけど、軽く食べて支払いにボーディングパスを出すとボールペンで丸をつけてOK.ご馳走様でした。ゲートに戻るとまた人だかり、代替機がシアトルから来る予定のジャンボより短いので、予定を変更できる人は明日の便のビジネスシートに変更しますと言ってます。何人かが手を上げていました。
ボーディングが始まり、席に着くとほんとに満席、さっきゲートカウンターで説明していた女性が機内に入ってきて、あと4名、出発を明日にずらせる人はいませんか、明日の便のファーストクラスに変更します。
赤ちゃんを抱いた若いお母さんとお年寄りが手をあげます。200ドルあげます、これには若い兵隊さんが二人手を上げます。
満員の飛行機はやっと日本に飛び立つことになりましたが、スケジュールに余裕があれば、粘って美味しくブンダゴでしたが。残念。



0 件のコメント:

コメントを投稿

ご感想・アドバイスをお願い致します。